기사검색

東京都医師会、3回目の感染症対策意見交換

第3回新型コロナウイルス感染症対策にかかる関係者意見交換会 東京都医師会

가 -가 +

JPNews
기사입력 2020/12/04 [10:34]

▲ 第3回新型コロナウイルス感染症対策にかかる関係者意見交換会 東京都医師会 2020年12月3日撮影     ©JPNews

全国的にも新型コロナの感染者が増加し続ける中、東京都医師会の第3回新型コロナウイルス関係者意見交換会が行われた。冒頭、尾崎治夫会長は「昨日も今日も、500人を超える感染者が出ておりますが、今までと違って40歳以上の方が半数を占めていて中高年層にかなり広がりを見せているという状況。地域的にも東は足立、南は大田区、西は新、世田谷、そして中心部は港区、東京23区はまんべんなく、そして私の住んでいる多摩もだんだんだんだん増えてくるということで、蔓延してきている状態だと思います。そういう中で中高年層がどんどん増えているということは、重症者が増えるということでありますので、今後しっかりした体制を作るということが大事だと思います。そんななかで、東京都の方々、保健所の方々が大変な状態になってきていると思いますが、私共医師会、医療の方も大変な状態になってきているということで、この状況を、関係者の方々で意見を交換しながら、どうやって乗り越えていくかということをお話ししていただければと思います。あえて申し上げますが、これは私共医師会が今年の3月の時の記者会見で出したフリップです。これを見てわかるように、感染者が急に増加してきた時には、医療の体制というのは逼迫します。その場合は、医療体制を強化するのですが、その前に感染のピークを遅らせる努力をしなければなりません。曲線を緩やかにしてピーク時の患者数を小さくするという努力をしたうえで医療体制を強化する。この2つのバランスがとれていないと、結局は医療体制は逼迫して崩壊してしまうということになります。現在の状態を見てみるとやはり医療体制の強化が追いつかないうちにですね、ピークを遅らせる努力を、国、都、どこが悪いのかわかりませんが、なかなかまだ実現できない。有効な対策が実現できていないと私は考えていますので、ぜひこのピークを遅らせてピーク時の患者数を少なくする努力を更に続けていただかないと、必死になって医療体制を作っても、もたないということになりますので、ぜひこの辺を含めてしっかり検討していただきたい。」と挨拶した。

▲ 第3回新型コロナウイルス感染症対策にかかる関係者意見交換会 東京都医師会 2020年12月3日撮影     ©JPNews

트위터 페이스북 카카오톡 카카오스토리 band naver URL복사

第3回新型コロナウイルス感染症対策にかかる関係者意見交換会 東京都医師会 관련기사

댓글

i

댓글 수정 및 삭제는 PC버전에서만 가능합니다.
URL 복사
x
  • 위에의 URL을 누르면 복사하실수 있습니다.

PC버전 맨위로

Copyright ⓒ JPNews. All rights reserved.