기사검색

令和2年度戦没者追悼式

令和2年度戦没者追悼式 全国・東京都

가 -가 +

JPNews
기사입력 2020/08/18 [12:02]

▲ 令和2年度戦没者追悼式 全国     ©JPNews

終戦から75年の8月15日、政府主催の全国戦没者追悼式が、日本武道館で行われた。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、参列者を540人と大幅に縮小しての実施となったが、追悼式には、天皇、皇后両陛下や安倍首相、三権の長らと、遺族193人が参列し、正午から1分間の黙祷を捧げ、戦没者約310万人の冥福を祈った。

▲ 令和2年度戦没者追悼式 全国     ©JPNews

天皇陛下おことば全文

「本日、『戦没者を追悼し平和を祈念する日』に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。終戦以来75年、人々のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、多くの苦難に満ちた国民の歩みを思うとき、誠に感慨深いものがあります。私たちは今、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、新たな苦難に直面していますが、私たち皆が手を共に携えて、この困難な状況を乗り越え、今後とも、人々の幸せと平和を希求し続けていくことを心から願います。ここに、戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、全国民と共に、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。」

▲ 令和2年度戦没者追悼式 全国     ©JPNews

天皇のおことばに先だち、安倍首相は「(前略)戦後75年、我が国は、一貫して平和を重んじる国として、歩みを進めてまいりました。世界をより良い場とするため、力の限りを尽くしてまいりました。戦争の惨禍を、二度と繰り返さない。この決然たる誓いをこれからも貫いてまいります。我が国は、積極的平和主義の旗の下、国際社会と手を携えながら、世界が直面している様々な課題の解決に、これまで以上に役割を果たす決意です。現下の新型コロナウイルス感染症を乗り越え、今を生きる世代、明日を生きる世代のために、この国の未来を切りひらいてまいります。」と、式辞を述べた。

▲ 令和2年度戦没者追悼式 全国     ©JPNews

全国各地の戦没者追悼式は、規模の縮小や中止が相次いだが、全国戦没者追悼式に20名の遺族が参列した東京都は、開催場所を都庁本庁舎大会議場に変更し、やはり参列者の規模等を縮小して開催した。小池百合子東京都知事、共催の東京都遺族連合会会長の宇田川剱雄氏ら戦没者の遺族が参列し、正午には黙祷を捧げ、戦没者を悼んだ。天皇のおことばは、全国戦没者追悼式の様子が会場のスクリーンに映し出されるかたちで放送され参列者皆が見入っていた。小池百合子東京都知事は式辞の最後に「今私たちは、新型コロナウイルス感染症というかってない脅威に直面しています。この難局を世界が一丸となって乗り越え、来年の東京オリンピック・パラリンピック大会を成功に導いてまいります。そして今日の夢と希望に溢れた平和な世界を未来の子供たちへと引き継いでいくことをお誓い申し上げます。」と、ウィズコロナ後の世界に向けて、力強く決意を示した。

▲ 令和2年度戦没者追悼式 東京都     ©JPNews

▲ 令和2年度戦没者追悼式 東京都     ©JPNews

트위터 페이스북 카카오톡 카카오스토리 band naver URL복사

令和2年度戦没者追悼式 全国・東京都 관련기사

댓글

i

댓글 수정 및 삭제는 PC버전에서만 가능합니다.
URL 복사
x
  • 위에의 URL을 누르면 복사하실수 있습니다.

PC버전 맨위로

Copyright ⓒ JPNews. All rights reserved.