기사검색

10月歌舞伎『通し狂言 平家女護島』公開舞台稽古

10月歌舞伎公演『通し狂言 平家女護島』

가 -가 +

JPNews
기사입력 2018/10/01 [20:00]

▲ 10月歌舞伎公演『通し狂言 平家女護島』   ©JPNews

10月1日(月)から、国立劇場で幕を開けた10月歌舞伎公演『通し狂言 平家女護島』の公開舞台稽古が、初日前日の9月30日に行われた。歌舞伎では、平家打倒の計画に参加して流罪となった俊寛僧都(しゅんかんそうず)の悲劇を描く『鬼界ヶ島』が専ら単独で上演されるが、平清盛生誕900年に当たる今年、物語の背景となる清盛の存在にも焦点を当て、平清盛の横暴や俊寛の妻・東屋の自害を描いた『

六波羅清盛館』、名場面の『鬼界ヶ島』に、皇位を狙う清盛が亡霊に苦しめられる『敷名の浦』という場面構成で、23年ぶりに通し上演される。舞台稽古後の会見で、芝翫は「国立劇場ならではの大きな船や舞台がぐるぐる回ったり、歌舞伎らしさの飛び出す絵本みたいなそういう感じが見所ですね。」と話し、橋之助、福之助二人の息子について「小さい頃にお芝居ごっこでやっていて、今日舞台稽古に出て来て、本当にやっているなって感じなんですが、こんなに大役をやらせていただいて。」と目を細めながらも「今歌舞伎界は20代30代の若手が多いので、みんな僕たちよりも戦いが大変だと思いますから、これから厳しい争いがあるんじゃないですかね。」と続け、エールを送った。そして「歌舞伎は、長いとか分らないとかありますが、国立劇場はお値段もリーズナブルで、まして通し狂言で話も分かりやすいので、歌舞伎ファンの方は勿論、これから歌舞伎を観る方は、是非とも国立劇場に足を運んで頂きたいなと思っております。」と呼びかけた。

▲ 10月歌舞伎公演『通し狂言 平家女護島』   ©JPNews

▲ 10月歌舞伎公演『通し狂言 平家女護島』  ©JPNews

▲ 10月歌舞伎公演『通し狂言 平家女護島』    ©JPNews

▲ 10月歌舞伎公演『通し狂言 平家女護島』  ©JPNews

▲ 10月歌舞伎公演『通し狂言 平家女護島』  ©JPNews

▲ 10月歌舞伎公演『通し狂言 平家女護島』    ©JPNews

▲ 10月歌舞伎公演『通し狂言 平家女護島』   ©JPNews

▲ 10月歌舞伎公演『通し狂言 平家女護島』     ©JPNews

今回会見後には、報道陣に向けて、舞台の御座船上から俯瞰撮影OKのサプライズ企画、清盛の目線がこれだっ。

▲ 10月歌舞伎公演『通し狂言 平家女護島』     ©JPNews

【通し狂言 平家女護島】
会期 : 2018年10月1日(月)~25日(木)
会場 : 国立劇場大劇場(東京・半蔵門)
出演者 : 中村芝翫・片岡孝太郎・中村亀鶴・中村橋之助・中村福之助・中村梅花・坂東新悟・中村松江・中村東蔵 他
チケット(税込): 特別席 11,000円(学生 7,700円)/1等A席 9,800円(学生 6,900円)/1等B席 6,400円(学生 4,500円)/2等A席

4,900円(学生 3,400円)/2等B席 2,700円(学生 1,900円)/3等席 1,800円(学生 1,300円)※障害者2割引
問い合わせ : 国立劇場チケットセンター 0570-07-9900(午前10時~午後6時)

 

트위터 페이스북 카카오톡 카카오스토리 Share on Google+ band URL복사
URL 복사
x
  • 위에의 URL을 누르면 복사하실수 있습니다.

PC버전 맨위로

Copyright ⓒ JPNews. All rights reserved.