기사검색

乃木坂の衛藤、伊藤、久保が三人姉妹を演じる

舞台『三人姉妹』公開ゲネ

가 -가 +

JPNews
기사입력 2018/01/20 [00:21]

▲ 舞台『三人姉妹』公開ゲネ     ©JPNews

銀座・博品館劇場で、1月17日から幕を上げた舞台『三人姉妹』の公開ゲネが同日行われ、ゲネに先立ち、主演の三人姉妹を演じる乃木坂46の衛藤美彩、伊藤純奈、久保史緒里が、演出の赤澤ムック氏と共に、報道陣の囲み取材に応じた。それぞれの役柄や大変だったことを聞かれた三人は、長女オリガ役の衛藤が「いつも疲れている役なので、声を張るのが難しかった。オリガの言動に共感できない点は、ムックさんに『あまり深く理解しようとしなくていい』とアドバイスいただいて、客観的にみながら、あまり頭で考えずにやるようにしました。」と語り、次女マーシャ役の伊藤は「マーシャは人の話を聞いていない事が多いのですが、つい聞きたくなっちゃうので、聞かないようにするのに苦労しました。」と、明かした。三女イリーナ役の久保は「いつもテンションが高い役なのでそれをキープするのが…大変でした。」と、途中で緊張のため言葉を詰まらせたり考え込んだりする場面もあったが、二人の姉が、優しくフォローして対応。そんな三人を衛藤は「リアル三姉妹という感じです。」と落ち着いた笑顔でコメント。終始、立ち居振る舞いに長女の風格を漂わせていた。舞台の見所について伊藤は「一人ひとりのキャラクターがたっていて、何もしていない時間も退屈にならないし、観ていてすごく綺麗だと思う。瞬きするのももったいので、しっかりと観て欲しいと思います。」と、絶対の自信でアピールした。演出のムック氏もそれぞれが自分の役にしっかりと向き合ってやるべき事をきちんとやっていると三人を絶賛して、稽古場のいい空気とともに作品の仕上がりに満足の様子をみせていた。

▲ 舞台『三人姉妹』公開ゲネ     ©JPNews

【三人姉妹】
日程 : 1月17日(水)~2月4日(日)
※休演日 : 1月21日・22日・28日・29日・2月3日
劇場 : 博品館劇場
原作 : アントン・チェーホフ
演出 : 赤澤ムック
訳 : 浦 雅春(「ワーニャ伯父さん/三人姉妹」光文社古典新訳文庫)
チケット料金 : 7,800円(全席指定・税込)

▲ 舞台『三人姉妹』公開ゲネ     ©JPNews

▲ 舞台『三人姉妹』公開ゲネ     ©JPNews

트위터 페이스북 카카오톡 카카오스토리 Share on Google+ band URL복사
URL 복사
x
  • 위에의 URL을 누르면 복사하실수 있습니다.

PC버전 맨위로

Copyright ⓒ JPNews. All rights reserved.